2013/07/02

漫画で日本-福岡

5月20日から6月2日、エスパス・サン・レミはじめボルドー市内の書店やカフェなどで、漫画をめぐる展覧会や上映会、パフォーマンスなどが開催されました。
姉妹都市締結30周年の折『食いしんぼうな視線』を企画した9-33協会の主催、ボルドー市などの後援で、昨秋福岡に滞在しライブも披露した作家ダビッド・プリュドムも、大相撲九州場所やまちのあちこちで取材した作品を公開しました。
また、福岡を紹介するヴァンサン・ルフランソワの『福岡きらめき散歩』も再び展示され、様々な催しが姉妹都市での日本への関心を高めてくれたようです。