2014/03/13

釜山広域市の姉妹都市庭園の整備のために福岡市民の皆さまが釜山市を訪れました!

姉妹都市として親しい関係を持つ釜山広域市には,福岡市から職員が派遣されています。派遣されている上原さんより,釜山の現地情報をお伝えします!


釜山広域市は、主要プロジェクトのひとつとして、釜山鎮区(国鉄の釜田駅近く)に約53haにわたって広がる、米軍のキャンプ・ハヤリア跡地に「釜山市民公園」を整備しています。
(釜山市ホームページ http://japanese.busan.go.kr/02government/07_01.jsp

釜山広域市の希望により、その中に、福岡市庭園が建設されることになり、去る226日、福岡市庭園の一部を自らの手で整備しようと、福岡市の緑化関係の市民団体のメンバー、福岡市内で唯一造園学科のある西日本短期大学の学生、緑のコーディネーターなどの方たちで構成された福岡市民団が釜山広域市を訪れ、作業に取り組まれました。




 
福岡市庭園の設計も、福岡市と釜山市の市民交流の場となるようにとの願いから、今回訪問した市民の方たちが中心となって行われたものです。実は、福岡市の緑化関係の市民団体は、10年ほど前から釜山市の市民団体との交流を続けておられ、今回の釜山訪問も、両市の緑化関係団体の交流によってはぐくまれた長年の友情がきっかけのひとつなのだそうです。





当日は、残念ながら天候に恵まれなかったのですが、降りしきる雨をものともせず、竹垣の設置や飛び石の配置、芝はりなどの作業に熱心に取り組まれました。このようにして整備された福岡市庭園は、釜山市民の皆さまに愛される存在になることと思います。


釜山市民公園は今春オープン予定です。オープンしましたら、またこのブログでご紹介いたします。福岡市庭園の完成した姿も、そのときまでお楽しみに!!