2015/02/20

朝食にも夜の“シメ”にもオススメの「クッパ」

姉妹都市の釜山広域市に,福岡市から職員が派遣されている上原さんより,現地情報をお伝えします!


釜山には、魚料理や焼き肉、粉ものなど、おいしい料理がたくさんありますが、その中でもぜひご紹介したいのがクッパです。クッパは、韓国語の「クク」(スープ)と「パプ」(ごはん)をあわせた言葉で、言葉のとおり、クッパはスープごはんです。日本的に言うならば雑炊でしょうか。

クッパには様々な種類がありますが、今日は豚肉のクッパである「テジクッパ」と、牛肉のクッパ「ソコギクッパ」をご紹介したいと思います。

 
◆釜山名物「テジクッパ」
クッパについて話をするならば、私は、一番最初にテジクッパをご紹介したいと考えます。なぜならば、テジクッパは釜山・慶尚道地域の名物料理であるからです。朝鮮戦争の際に朝鮮半島の北部から釜山に避難してきた人々が作って食べたのが始まりという説があり、釜山にはたくさんのテジクッパのお店がありますが、例えばソウルなどではお店を見つけるのが難しいそうです。
そして、一番最初にご紹介したい理由のもうひとつは、テジクッパのスープが、福岡の方にはなじみのあるとんこつスープによく似ているからです。
テジクッパには、豚骨を煮だしたスープに豚の薄切り肉とごはんが入っています。はじめ、味はうす味ですので、アミの塩辛やニラのキムチ、塩・胡椒、コチュジャンなどを好みで加えてから食べます。とんこつスープですが、とてもあっさりしています。
 お店によっては、ごはんがスープと別に出てくる「タロクッパ」もあります。(「タロ」は韓国語で「別々に」を意味します。)
 
◆ピリ辛のスープの「ソコギクッパ」
ソコギクッパはピリ辛のスープに、ひとくち大の牛肉、もやしとごはんが入っています。牛肉は煮込まれてホロホロにやわらかくなっています。ソコギクッパもやっぱりあっさりしています。
 また、ソコギクッパも、ごはんとスープが別の「タロクッパ」があるお店もあります。
テジクッパは西面エリアに、またソコギクッパは海雲台エリアにお店が集中している通りが存在します。西面や海雲台と言えば、福岡から釜山への訪問客が宿泊や観光などでよく利用するエリアですし、24時間営業のお店がありますので、朝早くに朝食をとりたいとき、また夜、お酒を楽しんだ後の“シメ”がほしいときにも便利です。価格はお店によっても違うようですが、4,000ウォンから7,000ウォンの間で食べられるようです。ぜひ一度お試しください。

西面市場裏のテジクッパ店の集まった通り

海雲台リベラホテル裏のソコギクッパ店の集まった通り