2015/04/23

福岡でのホームステイ

             
 釜山広域市の弁論大会で福岡市長賞を受賞されたウ・チョルミンさんが来福し、ホームステイを体験されました。2月27日から3月1日までの二泊三日という短い期間でしたが、福岡のことを知っていただき、福岡市の市民との交流をしました。ご本人のコメントと滞在中の様子をご報告します。ぜひご覧ください!

 
ウさんのコメント

 初めてのムステイはとてもしかったです。ホストファミリーのご家族はみんな優しくていい人でした。滞在は短かかったですが、本にいい思い出になりました。韓と日本じゃなく、人と人として交流するのはいいと思います。最近、僕らはどうでしょうか。領土の問題とか過去の問題でお互いに憎しみけます。決して望ましくないです。僕はこれからも日本語を攻する一人として両国の交流のために努力するつもりです。福岡市ホストファミリーの皆さんに感謝します


 ★2月27日★



 


夕方、福岡空港国際線ターミナルで、ホストファミリーご一家が息子さんが作ったWelcome to Japan」団扇で暖かくウさんを迎えました!

の後、空港内の色鮮やかな山笠の前で集合写真を撮りました。
 ホストファミリーの上の息子さん(小学3年生)が週に2回、「韓国の暮らし」を授業で学んでいるので、その日の夜からウさんとコミュニケーションを始め、まとめたファイルを見せながら、楽しくお話をしました。


★2月28日★

青空でいい天気でした。
まずは福岡市のランドマークである福岡タワーへ行きました。
 

 
その後、近くの公園で、一緒にサッカーをしました。
 
 
 午後は近所のDVDレンタルショップへ行き、韓国で流行っている作品や人気の俳優さんについていろいろ交流し、その後、福岡ドームのお土産品店等に行きました。
 そして、「日韓交流」は夜までつづきました。子供たちは、ウさんに韓国語を教わったり、記念にと韓国のお札をもらったりして喜んでいました。
 その日の夕食は、ウさんの希望で、博多ラーメンを食べに行きました。


★3月1日★

いよいよお別れの日。まだ朝八時ごろなのに、冬休みだからか、国際線ターミナルにはもうすでに人がいっぱいでした。ホストファミリーの息子さんは目をしょぼしょぼさせ眠そうな顔で「お兄ちゃん、また遊びに来てね」と見送りました。

 ウさん、是非、福岡にまた遊びに来てくださいね!