2015/11/30

福岡-釜山 だ・댄・Da ダンス プロジェクト


姉妹都市の釜山広域市には,福岡市から職員が派遣されています。
 2015年4月より派遣されている三浦さんより,現地情報をお伝えします!



1031日釜山港国際旅客ターミナルで「福岡-釜山 だ・Da  ダンス プロジェクト」
(コミュニティダンス公演「Echo across the sea 海を越えてこだまする」)が開催されました。

このイベントは、その名のとおり、ダンスを通して福岡・釜山両市民のつながりを表現し、市民レベルの交流を目的に実施されました。

福岡-釜山の両市民がそれぞれの国の振付家とともにダンス作品を創作し発表するために、数か月前からワークショップを開催し、この日を迎えました。

当日は、福岡から50名近くの参加者が集まりました。プロのダンサーや、親子で参加している方もいました。
皆さんそれぞれが練習の成果を存分に発揮できたように見えました。

会場が旅客ターミナルということもあって、最後の出演者全員参加のダンスの際は、ターミナル利用者も一緒になって踊り始めました。

言葉も文化も違いますが、ダンスという共通の表現を通して、福岡-釜山の両市民がひとつになれたと思います。
 
出演者全員参加のダンス
 
記念写真