2016/04/28

英語弁論大会受賞者の報告書が届きました!

第41回英語弁論大会で見事「NZオークランド賞」を受章した大神紫苑さんが、3月22日(火)~3月30日(水)の日程でNZオークランドに派遣されました。

大神さんから報告書をいただきましたので是非ご一読を!!!





【ニュージーランドオークランド訪問報告書】
大神紫苑

10日間のニュージーランドオークランドでのホームステイ。いろいろな体験を経験することで私にとって、とても密度の濃い時間となりました。

 ホームステイ先の家族は、とても元気な男の子3人と両親2人、そして中国とドイツから来た15歳の女の子2人の7人で暮らしていました。家族全員が活発的で学校から帰ってくると子供たちはみんなバスケットボールやトレーニングをしていました。私も一緒にすることで仲を深めることができました。また、日本語や中国語の違い、ドイツ語や英語、マオリ語のことについてみんなで話すことができてとても楽しかったです。外国の人から見ての日本語のイメージを知ることができました。毎日、話し声や笑い声が絶えない明るい家族でした。  

学校生活では、現地の学生がバディについてくれて、バディと同じ授業を受けたり、バディの友達とも友達になれたりして、安心して学校生活を送ることができました。私のバディはJapaneseの授業を専攻していたので、発音や意味を教えてあげることができました。数学は既に日本で習った内容だったりしたけど、英語で習うという日本とは違う体験をすることができました。また、この学校には留学生もたくさんいました。みんな積極的にコミュニケーションをとり、とても上手な英語で会話をしているのを見て、自分ももっと英語を勉強しないと、と影響を強く受けました。留学に行った時期がEasterの時期であったことから、学校には、2日間しか行けなかったけど、とてもたくさんの友達を作ることができました。 

休日はホストファミリーと海に行ったり、ハイキングに行ったりとニュージーランドの自然をたくさん感じることができました。また、私のスピーチの中に登場した、夏にニュージーランドオークランドに留学した時のホストファミリーとも再会することができ、一緒にEaster Show というEasterのお祭りに行きました。再び会うことができ、スピーチの内容のことなどたくさんのことについて話すことができ、短い時間だったけど、とても楽しかったです。最後の2日間は学校がプランを考えてくれていて、羊の毛を刈るのを見たり、hot poolやオークランド市内に行ったり、スカイタワーにのぼることもでき、充実した日をおくることができました。

10日間という期間は長いようでとてもあっという間の時間でした。このような素晴らしい機会を与えて下さりありがとうございました。とても思い出に残る留学となりました。これからも、自分の英語力を高められるように日々努力していこうと思います。本当にありがとうございました。

0 件のコメント: